orepekolink

◯岸田コーイチはこちらです。


◯ミュージシャンリンク

クラシック出身でジャズからボサノバまで果敢に挑戦するフルート奏者。
美人ですが、大ボケ。彼女のフルートは和みます!大阪在住。
大阪在住。ジャズからブルースなんでもござれ、おっさん顔負けの骨太
でもあり、繊細な女性らしさも持つプレイ。唯一無比なベーシスト!
現在大阪在住。元プカソンコ。ペルーの古都、クスコ出身のフローレス兄弟、
フレディとヘススが息の合ったハーモニーで 乗りのいいラテン音楽、
心に染みるバラードなど中南米ミュージックをギターとチャランゴを中心に
時にはケーナ、サンポーニャを交えて美しいメロディを聴かせてくれる。
むかしむかしは「五つの赤い風船」そして上田正樹との「サウストゥサウス」を経て
現在も地元大阪でブルースシンガーとして大活躍。
でも「ブルース」なんてジャンルは似合わない、「有山節」が今日も冴える、我らが有山じゅんじ!
ランニング姿でパーカッションとうたの石川浩司のいかがわしい?サイト。
いえいえなかなか凝ったつくりで楽しいですよ。
「トイレ連れ込み朗読」をはじめとする数々の試みを、「詩」という世界で展開。
大阪が誇る詩人。「ココルーム」という空間を拠点に活躍中!
ボサノヴァと島唄をベースに、 うた、三線(高田靖子)ギター(カオリーニョ藤原)
ピアノ、トロンボーン、パーカッション(中島徹)などの色彩を加えて、
3人とは思えない広がりのあるサウンドを生み出している。
史上最長寿のロックンローラー、そして「カレーライス」を弾き語る、
日本が誇る純音楽シンガー、活動30年を越えるエンケンこと遠藤賢司
1980年より1993年まで、パンクバンド「スターリン」で活動。
19 93年よりアコースティック・ソロとして新しい活動を展開。
年間に全国を200箇所以上行脚するという、恐るべし魂の叫び、
その名も遠藤ミチロウ!
大阪在住。ある時はうたのおねーさん、ある時はMC司会者、でも本当は、
ほんわかから、こわーい唄まで唄うシンガー「しのみん」なのです。
「泣きなさ〜い、笑いなさ〜い、いつの日か、いつの日か、花を咲かそうよ・・・」
日本人の心に奥深く染みいるあの歌「花」をヒットさせた歌手おおたか静流。
彼女の奥深くどこまでも透明な世界へあなたもどうぞ。
1970年より、故西岡恭蔵と、「ザ・ディラン」を結成。その後ソロアーティストとして活躍。
フォークシンガーの大御所、大阪出身で在住の大塚まさじ。
パワフルにタンゴを演奏する美人ピアニスト。
モデルから女優まで幅広く活動する兵庫在住のMISA
東京在住の女性バンドネオン奏者。
古典のタンゴからインプロヴィゼーションまで幅広く活躍する!
心、ほわっと、あったかくなる時に、くすっと笑いたくなる うた、こえ、おと。
山口在住のシンガー、元イニッシュ・モアの落合さとこ。
言葉、言の葉を雪のようにつもらせていく唄うたう歌うたい火取ゆき。
福島出身、東京在住。
火取ゆきの唄は心の涙を誘います。
大阪在住の老舗シンガー。その作品は上田正樹、杉田二郎、山崎まさよしなど
多彩なアーティストに取り上げられている。美しい歌を聴きたい人は絶対聴いて損なし!
長崎で活躍するシンガーソングライター。
人間の厄介な現実とまともに向き合わせてくれる正直で潔い歌と、
心に響くギターの音色が真っ直ぐに身体に染み渡る。
大阪在住。1997年デビュー。
30代の女心をストレートに唄う、シンガー川崎洋子
大阪で活躍するアコースティックギターのスペシャリスト。
中川イサト一門の一人。
やわらかだけどストレートな力強さのインストゥルメンタルギターの世界がすばらしい。
現在は東京在住。関西出身を代表するアコーディオニストとして、
02年〜04年ジプシーユニット「TENGO」で活動。
現在、ソロとして、作曲活動、幅広いミュージシャンたちとの共演でクラシック
やロシア音楽などの活発なライブ活動を行う。
1970年後半より、大阪にて活動するシンガー。
大きな身体とやさしい心は歌にも溢れています。
バラードの帝王!
アコースティックギターとフレットレスベース、そして歌。
ただそれだけのシンプルさ、イマジネーション溢れる音が紡がれていく
2人の女性の優しさが満ちた世界。
滋賀在住の正当派女性デュオ、月下美人。
人間味溢れた言葉のひとつひとつを唄う
数少ない本物のシンガー神戸在住の光玄
明と暗、静と動をストレートに顕わす、
京都在住の若手シンガーソングライター小暮はな。
60年代末よりフォークシンガーの先駆者的存在として登場した斉藤哲夫。
吉田拓郎が歌った「されど私の人生は」など名曲を数々と生み出してきた彼が歌う唄は
メロディアスに弾み感動を与えてくれます。
大阪出身、現在上海在住、上海のライブハウスで唄う坂上伊織。
正当派ポップスの一任者。
毎年1月神戸で阪神大震災のイベントを行っている。 
静かに燃える魂の叫び。津軽三味線の実力派、
全国をまたに掛ける佐藤通弘
90年ころより活動。「ボラボラのマルコじいさ〜ん」で一躍有名に。
うた以外にもお芝居もやってしまう不思議なシンガー。東京在住。
1年に一度「にんげんのうた」と銘うつコンサートを開催する、
大阪の老舗シンガーソングライターさめしままさみ。
ヒューマニズム溢れる唄世界とおおらかに包まれるような
愛の言葉が聴く者の心を癒します。
シンガーソングライター、漫画家、イラストレイター。
71年、高田渡、山本コータローらと「武蔵野タンポポ団」を結成、
ジャパニーズフォークブルースの草分け的存在として注目される。
漫画も音楽も時流にのせられることなく、
現在もマイペースな活動を行っている。
大阪在住、タンゴから芝居の音楽まで幅広い、
明るい笑顔が素敵な柴田奈穂
京都在住のピアニスト・シンガー島田篤の日常非日常、現(うつつ)妄想等を綴った独白的ブログ。
大阪で活躍するラテン歌謡ポップスバンド。
日本初!ラテン系なごみバンドとして今後の活躍が最も注目される異色のラテンバンド??
メンバーのマスゴンが大阪市北区神山町で経営するおいし〜いお酒と料理の
「楽園食堂」のコーナーもあります。
大阪在住。ジャズはもとより、いろいろな形のギターミュージックに取り組む、
スペシャリスト清野拓巳。
歌い始めて30数年・・孤高のシンガーソングライター。
代表曲「セクシィ」など、ラブソングの巨匠。
日本はもとより世界まで放浪し続ける吟遊詩人。
静岡焼津の出身!元気あふれる、唄の女神??
どこまでもナチュラルでドラマティックな
旅するピアノ弾き語り鈴木亜紀。
なんかしらんが、いろいろ出没のお騒がせパーカッショニスト&ドラマー。
他に粉物文化研究所所長、スタジオエンジニアといろいろな顔も持つあほ。
大阪出身のヴァイオリニスト平松加奈が今一番力を入れているユニット。
ジプシーの流れを音楽で表現するスパニッシュ・コネクション。
ギター伊藤芳輝 タブラ吉見征樹。
宝塚在住。ピアノとアコーディオンの弾き語りは、
ブレヒト&アイスラーからオリジナルソングまで
唄うことにより無限の可能性を秘める
ひとつのストーリーとでもいう独特のうたの世界を作り上げている。
どこか懐かしさがあり、どこか優しさが溢れ、どこか変な、ウクレレで弾き語るうれ
しい個性はたさとみを軸にした関西を中心に活躍する個性派ユニット。
関西在住でブラジル音楽のボーカリストとして、
すばらしい世界を持つノンちゃんこと高尾典江
現在静岡県春野町勝坂に在住のシンガーソングライター。なんと大阪西成の出身。
80年代には「自転車ライブツアー」、90年代には「ウォーキングライブ ツアー」として
全国歌えるところならどんなところへも参上。
自然と社会と相反成るものを全て受け入れる彼の活動に注目
シンプルで心にじわじわと浸みいるような暖かくせつないメロディは聴く人の心を
和ませる、元「たま」の滝本晃司
すべては愛の為すがままに・・・
スクリーンミュージックのように心の中に流れる音楽。
関西を中心にピアノ弾き語りで活躍する竹内仁美。
インドの楽器シタールをジャンル無差別で弾きこなしてしまう、
尼崎在住の田中峰彦。
熱血ボインでスリム?な田辺マモル。
同年代の男性、女性ともに共感を得る詩と楽曲は「くよくよ系」と呼ばれ、
時代を感じさせる埼玉在住のアーティスト
元「たま」のボーカル&ギター&ウクレレ。
不思議なキャラとその音楽性は、たくさんの人を魅了する。
98年結成、和歌山在住のネオアコースティックユニット「天の羊」。
日本語のうたでありながら、どこか異国情緒を含んだ、美しい音楽を奏でる。
こんなに歌のもつ“詩(ことだま)”のちから強さを
感じさせるアーティストがいるだろうか。
女性シンガーソングライター月夜の“うた”のちから強さを聴いてほしい。
関西を中心に活躍する、ポップなシンガー。クミ。
小泉今日子が唄う「サヨナララ」の作者でもある!
70年代大阪フォークの巨匠であり、
現在はアコースティックギターで独自のインストゥルメンタルを弾く
ギタリストの神様的存在。
その昔は世良譲トリオでブイブイいわし、今も関西で中華鍋はふるわ
山歩きを100日もするわ、で元気なジャズベーシスト
川西市在住の中島教秀!
京都在住。のんきでおもしろくて、
ちょっとほろっとくるうたうたい&スチールギタリストの西沢和弥のHP。
同居として岡山在住のうどん怪物PAきんちゃんのページもあり。
実力派ジャズピアニストそしてボーカリスト。逞しき一児の母!
故村上ユミ子の意志を継ぐ弟子でもある。
京都在住のテナーマン。ジャズとかなんとかを通り越して、
いぶし銀の魅力溢れるその図太いサウンドは感動しかありません!
ソラネコのはたさとみのほんわか日記
特異なメロディと歌詞、声、濃密な世界、東京在住の原マスミ。
作家よしもとばななをはじめ多くの作家の装画を手がけるなど画家としても活躍。
その他にCMや番組のナレーションなどジャンルを超えて独自の輝きを放つ。
1stアルバムを発表してその音楽にますます磨きがかかる、
中川イサト一門の奇才、大阪在住のアコースティックギタリスト春本徹志!
東京在住のアルトサックス奏者。
自己のバンド[Stir Up!]を中心にジャズからブルースまで強力に活動。
力強い音と繊細なメロディが泣かせてくれます!
ちんどん屋「華乃家」のHP。ある時にはちんどんで練り歩き、ある時にはなつメロスナック
「はなのや」のママ、またある時には歌い手として、たくさんの顔を持つ華乃家ケイが主宰!
華乃家には美人サックス奏者白起かすみも在籍してます。
女性3人で贈る、ブラジルテイストたっぶり、はちゃめちゃ?バンド、
太田ピカリ率いる「ピカリズモ」
JAZZという音楽を基点に、ギター1本でタンゴからラテンまで、
全て自分の音楽に昇華し血とする、東京在住の孤高のギタリスト廣木光一
横浜在住。ジプシーからタンゴまで旋律不可思議なギタリスト、福島久雄。
いろいろな唄、懐かしい唄、ベース1本と唄だけでどこまで世界を拡げれるか?
京都在住のふちがみ(渕上純子)とふなと(船戸博史)のへなWEB
優しく力強い歌、心象風景の歌、シュールで不思議な歌、
愛や恋の歌、いろんな歌をしっくり聴かす本格派、
京都在住のシンガー松井恵子。
透明感溢れる声、その声は柔らかな優しい空気そして癒しの世界を創り出す、
京都を中心に活躍するシンガー見原洋子。
やちむんは奈須重樹のソロユニット。
沖縄一リリカルなバンドにして日本一ビーチサンダル(島草履)
が似合うアーティスト。
どこか切ないアコースティックサウンドとすちゃらかポップスが同居した
その世界は若い女性達となぜかおっさん層に強く支持される。
現在東京在住、大阪出身のシンガー。京都外国語大学を経て政府交換留学生としてメキシコ留学
このとき勧められてオペラを学んだのがきっかけで歌手への道を歩み始め、
1年後ポピュラーに転向、ソロ歌手として中南米で活躍。
キューバ・メキシコの実状にも詳しく、それに 関する著書も多数。
また本格派ラテンバンド「ハバタンパ」のボーカリストとしても活躍中。
奈良在住の山口智。ハンマーダルシマー、フィドル、
ティンホイッスルなどあらゆる楽器に精通している、
物静かなアイリッシュトラッドの名手。
子供ばんど、遠藤賢司バンドでもお馴染みのベース&ギタリスト、湯川トーベン。
実は隠れた名シンガーなのだ!
元リリカ 独自の世界、大阪出身のシンガーソングライター湯谷マキコ
関西を中心に主にシャンソンの伴奏ピアニストとして活躍。
須山公美子やシモーヌなどを支える縁の下の力持ち。
神戸生まれで在住の台湾人ボーカリスト李浩麗。
元気の出る唄をいっぱい唄っています。


 ◯ライブハウス

1970年に開店。関西で一番古いライブハウス。「じっとく」と 読みます。
豊田勇造、南正人、三上寛など現在まで一線で活躍している名シンガーのライブが聴けます。
マスターはこだわりのマスター、テリーさん
名古屋でぶいぶい、いわせている、森田裕社長が朝までやっている
赤ちょうちんノンジャンルな小屋!!
関西では少なくなった小劇場スタイルの小屋。
落語、芝居、そしてスタンウェイのピアノも使えるコンサートと充実した空間
ジャズからフリーミュージックの「るつぼ」。
愛すべきのんべえ近藤哲正マスターがやっている、心やさしい小屋。
ここでしかみれまへん!というようなライブがずらり。
オヤジ山崎のこだわりが見事なすばらしい小屋。
オープンより40年の節目に、2009年渋谷より目黒区碑文谷に移転。
1970年よりアコースティックの牙城として、遠藤ミチロウや
友川かずきなどのシンガーが育ち、現在でも演奏中。
伊藤哲正マスターとジュニアの怜育店長ががんばっている。
2004年4月、元扇町ミュージアムスクエアのマネージャー山納洋を中心に、
各ジャンルの人々が集結。「日替わりマスター」形式という類をみない方式で、
文化の発信地として開店。 各マスターは「オーガニックカフェ」、
「クラブDJ」など様々な企画で毎日動いている。
オレペコライブももちろん開催。
関西の中では、老舗中の老舗。メジャーからマイナーまで音が止む日はない。
マスターの水島さんはドラマーでもある
和歌山の町中で、長年活動する、和歌山にはなくてはならないライブハウス。
店長の松本さんは「BOBBY」という名前で歌も歌っています。
詩人上田假奈代が主宰する、大阪は新世界の商店街にある小さなほわ ほわ空間。
詩の朗読から上映会、ライブまでノンジャンル的表現の場。
京都の地で過去「どん底ハウス」〜「OTHER SIDE」というライブハウスを
20数年間経営してきた池野マスターが、京都西木屋町に新たな居を構えるイベントバー。
アコースティックを中心に月、不定期的にライブが行われている。
いろんなアーティストがK.D ハポンという「空き地」を使って、いろいろな創造をする空間。
ダンサー・アーティストの森田太朗さん主宰の気持ちのいい場所。
おいしいフードもグー!

○その他

北冬書房〜万力のある家
伝説の漫画家「つげ義春」の精神を継承する、漫画、旅、評論誌、「夜行」、「幻燈」
を刊行する、東京の老舗書房。
主宰の高野慎三氏は遠い昔元「ガロ」の編集長などを経ている。
岡部好
東京在住のライブアーティスト専門のカメラマン。
その被写体は忌野清志郎、アストラ・ピアソラなど、
すごいアーティストのお宝写真が満載です。
音らんど
大阪の音響屋さん。オレペコ岸田が過去活動してきた、ミノヤホール、レッドライオンの
PAシステムを作ってくれたところ。社長の大谷さんはアコースティックのPAでは
絶大なる信頼を置ける音づくりをしてくれる!
イズミヤリュウヘイ
「意味なしホーイチ」 
三上寛詩学校の精鋭。詩人であり芸術評論家。パワフルとしょぼさを全開させる、
イズミヤリュウヘイの自称「世界で一番くだらないサイト」
SOUND BAR 吟遊詩人 
「REDLION」の従業員であった、アーティスト西尾泰光(JAN)が、
独自のステイタスでライブ企画を打ち出す。
劇研「嘘つき」
関西で古くから活躍する、伊藤昌弥主宰、中年3人プラス新人1人の劇団。
人間、そして女性の深い心理をドキリとさせる作風が印象的。


トップページへ